【サクラが田舎に帰る?】9話にしてこの展開。。同期のサクラ9話

ドラマ
スポンサーリンク

同期のサクラ9話 あらすじ

サクラは9ヶ月間の長い眠りから目を覚ました。サクラが眠っている間に花村建設からは解雇されてしまっていた。

百合は起業しようか悩み、葵は百合との関係にけじめをつけたいと悩む。菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいる。異動を言い渡されたという蓮太郎は、転職をしようか悩んでいる。9ヶ月も眠っていた間に同期たちはそれぞれの道を行こうと悩みながらも頑張っていることを知る。サクラはそんな同期たちに何と言っていいか分からなくなってしまっていた。

コンビニでバイトをしながら就活をするサクラが、同期たちの悩みを聞こうと5人で鍋パーティーをやることにしたが、皆忙しく次々と欠席の連絡が。。アドバイスする言葉も考えていたのに各自解決策を見つけていた事も知りました。サクラは寂しくもあり。。サクラは無力感を感じてしまい、ふるさとの島に帰ることに決めました。

同期のサクラ9話 感想&ネタバレ

後ほど書きたいと思います。

衣装情報

大野いとさんが着用していたニットです。

大野いとさんはサクラのお隣さんとして1話から登場しています!!

9話でコンビニのお酒コーナーに『大吟醸 充希』が!!!

9話をもう一度観ていたら発見しました!

Twitterで検索してみたら他の人たちも「大吟醸 充希」を発見した!というツイートがありました♪皆さんみている人は細かいところまで見ていますよね!

同期のサクラ次回予告(最終回)

2020年3月に建設会社の面接に落ち続けていたサクラは花村建設の副社長となった黒川に「俺の下で働かないか?」と誘われて花村建設に復帰することとなった。

黒川副社長に仕事を任されてやる気に満ちていたサクラ。今までのサクラの失敗は「力がないから」と黒川に言われ、実際に会議で皆の反対の意見を一言で変える副社長の黒川の「力」を目の当たりにし、力をつけようと意気込むサクラ。

しかし、黒川の下で働くようになってから同期の意見にも耳を傾けられないくらいすっかり変わってしまったサクラを同期たちは心配します。

サクラと同期たちのラストはどんな結末が待っているのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
スポンサーリンク
ツムギイロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました