【年収500万円】大手HM、セキスイハイムと契約をしました!

年収500万,セキスイハイム,契約,新築,注文住宅,ローンお金

こんにちは!

先月末にセキスイハイムと新築の注文住宅で土地と建物を契約をしました!

契約に至った経緯、詳しい内訳を書いていきます。

スポンサーリンク

セキスイハイムと契約をした理由は?

セキスイハイムと契約をした1番の理由は・・・

セキスイハイムが持っている分譲地がとても良かったからです。

土地を持っていなかったので、いい土地があればそこに決めて、ハウスメーカーも決めるという流れになっていくのですが、半年ほど色々見てもピンとくるところがなくて、ある日突然(展示場見学や建売見学をしてから3ヶ月も何も連絡がなかったのに)「新しい分譲地の情報が出ました!」とセキスイハイムの営業さんから電話がきました。

電話をもらってから、打ち合わせを何度か重ねて間取りを作ってもらい、セキスイハイムと契約をするのかどうしようか?と考えることになりました。

契約時の見積もり金額は?

契約時の見積もりは34.2坪で

建物土地諸費用

約3890万円でした。

(地盤改良・カーテン・照明・2階のエアコン・地鎮祭・引越し費用は含まれていません)

建物

2815万円

土地・外構工事

1000万円

諸費用

75万円

商品名はスマートパワーステーション。フラットな屋根のタイプでセキスイハイムの中では割と価格を抑えた商品です。建物のみの坪単価は約73万円です。太陽光・蓄電池・HEMSがプラスされると坪単価82万円という計算になりました。(照明・カーテン・2階のエアコン以外は全て入っている金額です。)

スマートパワーステーションのフラット屋根の場合は屋根の面積分太陽光パネルを載せないといけないらしいので、自然と太陽光の分価格が上がってしまいます。

セキスイハイムとの契約前のトラブルって?

実は契約をするぞと思っていた矢先にトラブルがあり、最安値(契約時の見積もりよりも150万円以上安い価格でした)を逃しています。

そのトラブルというのはセキスイハイムの営業さんの説明不足から始まりました。

営業さんが契約を取りたい気持ちが先走ったのか、重要な説明がかなり端折られてしまっていました。請負契約でその場に商品のあるものを買う訳ではないので、説明をしっかりするのが営業さんのお仕事だと私は思うのですが、たまたま説明不足の営業さんに当たってしまったことが残念でした。その代わり安く契約を出来たというメリットもあったかも知れませんが・・・。

そもそも説明不足という時点で、その金額が全てであったかというとそうでもない様な気がしています。

別の営業さんに担当をチェンジしてもらい、契約をすることになりましたが、あくまでも土地と家を買うので営業さんの良し悪しに重点を置く必要もないのかな?とも思っています。

色々ありましたが、それでもセキスイハイムに決めたのは、土地と建物が良かったからです!

太陽光などの設備が最先端で光熱費がかからないので、高い金額の支払いをするのですが、光熱費がかからないということを考えるとコスパが良いと思ったというのもあります。

あと、鉄骨なので耐震の面でも安心でした。地震で骨組みがやられてしまう確率が低い方がもちろん良いので。

建物は内装などこだわればおしゃれなお家にはなるし、安全でコスパの良いお家のセキスイハイムにしようと思いました。

 

年収500万円でセキスイハイムの家は買えるの?

我が家は娘が1歳で私が今は仕事に出ていないため、30代の夫の収入のみで生活をしています。

年収およそ500万円。(毎月、手取り23万円・ボーナス2ヵ月分×年2回)

当然のことながら住宅ローンを組みます。

  • 頭金300万円
  • 住宅ローン借り入れは3500万円
  • 35年の住宅ローンでボーナス払い無し
  • 10年固定金利で借り入れ
  • 親からの資金援助無し

これで0.7%の固定金利(借りにずっと同じ金利だとすると)でローンを組むと

月々の返済額はおよそ9万4千円の計算になります。

(借入額が100万円増えるごとに月々およそ3千円UPになります)

いつもお世話になっている地方銀行の銀行員さんによると、金利は最底値くらいの安さだそうです。

つまり、今後は下がることはなく上がるいっぽうということですので、10年固定金利で借り入れをした場合には10年後には金利が上がっている予想なので繰り上げ返済をしない限り月々の支払額は今より高くなってしまいます。。。

10年後は私も仕事をしているであろうし、夫の収入も上がっているであろう・・・ということで

金利が上がることに対しての問題は大丈夫だと思っています。

あとは、住宅ローンを組むときには保証料が必須になっています。

「もしもの時にはローンの支払いはしなくていいですよ」というものです。

保証料の他にがん団信とか3大疾病の団信とか銀行によって色々ある様ですが、

医療保険や生命保険に入っている場合、各保険の見直しが必要になります。

医療保険の特約を外してもいいとか、死亡保障の金額を下げてもいいかもしれないとか。

そこで月々かかる保険料が1000円でも減ると少し家計が楽になります。

日頃からお金に関わるお仕事をしている人から保険の見直しを勧められるとやらないと・・・

と思いますね(笑)というか、私たちの為を思って言ってくれているのを感じて、保険の見直しをする気になります!

今の時代ショッピングモールとか色々なところで保険の見直しの相談ができる場所があって本当に助かります。保険の見直しがついでか買い物がついでかはアレですが(笑)

資金の面で新築マイホーム、注文住宅が買えるか不安な方は

  • 月々いくら使っているのか?
  • 固定費は削れないか?

を考えてみて、住宅ローンを組んだときに支払える金額を確認してみる事をオススメします。

主には固定費の削減にかかってくると思うので

  • 通信費(インターネット光回線、スマホ代)
  • 医療保険、生命保険料
  • 自動車保険

この3つを主に見直してみて住宅にかけられるお金の計算をしてみましょう。

我が家では

  • スマホ代の見直し
  • 医療保険、生命保険の見直し
  • 自動車保険の見直し

を実際に行いました。

新居が完成したら、インターネット光回線については改めて見直しをしようかなと思っています。

大きな買い物で、毎月の支出の大半を占めることになるので、生活費の把握と見直しは重要ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金 マイホーム
スポンサーリンク
ツムギイロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました